成⻑志向企業への伴走支援

「経営改革」「新規事業」「海外展開」

さらなる成長を目指す企業の皆様!
よろず支援拠点が伴走支援いたします。

成長企業支援体制イメージ

成長支援体制のイメージ

1.支援企業決定、 2.伴走支援開始(課題設定)

■ 成長志向のある企業の発掘。 ※地域性、公平性に十分配慮します
●通常の相談対応で発掘
●他の支援機関との連携による発掘
●WEBサイト等での公募による発掘

3.支援企業の把握・調査

■ 来訪、訪問による「対話と傾聴」(経営層、幹部、現場等)
■ 現場、現地確認
■ 決算書等による財務。経営分析

4.課題の明確化、支援方針検討

■ 「対話と傾聴」を通して、以下の内容を把握したうえで、支援方針を検討。
●目指す将来ビジョン
●当面の課題やビジョン実現に障害となる課題。
●支援企業の状況(財務・経営)
●活用する支援策、支援機関
●大まかなスケジュール
●最終的なゴール等

5.事業者との共有

■ 支援計画書案を提示し、将来ビジョン、最終ゴール。当面の課題やビジョン実現に障害となる課題、支援内容、スケジュール等について事業者と共通認識を持つ。
■ 必要に応じて、追加の要望を聞き取り。

6.支援計画策定

■ 3.~5.のプロセスを踏まえ、支援計画策定、合意
※民間支援機関等を活用する場合は、先方との調整やフォローアップについても検討、確認

7.中長期的な伴走支援(課題解決)

■ よろず支援拠点による課題解決支援
■ 公的支援機関の活用
■ 民間支援機関の活用
■ 支援施策の活用

実際の支援体制のイメージ